施工管理に転職しても大丈夫な理由は、何をみればわかる?

たとえば施工管理者など建設現場への転職を考えているなら、監督官庁である国土交通省の有効求人倍率とその見通しを参考にしましょう。

転職に有利な上昇曲線が見えてきます。

★“有効求人倍率の先行指標”でわかる今後の見通し。

先行指標というとむずかしく聞こえますが、要するにこの先の有効求人倍率がどのように推移していくのかを予測するための数値です。

施工管理分野への転職を考えている人たちにとっては、将来を占う最重要のデータ。

その新規求人倍率の推移では年ごとに上昇カーブを描くグラフとなり、新規求人倍率でも2015年を上回って推移。

2017年6月には1.46ポイントも高い数値となっています。

★国土交通省の建設投資見通しに関する資料から。

2017年は建設の市場規模は約55兆円で、前年比104.7%に伸長する見通しです。

つまりこれは、「当面は建設業各社の人材需要がつづき、建設投資が増加するにつれて施工管理者など建設現場で働くスタッフの人材不足はさらに深刻化する」ということが示されています。

転職者を含めた新規求人倍率はこれまでになく高水準で、施工管理者・建設技術者の人材不足は深刻です。

★人材不足によって、施工管理技術者など建設関係への転職見通しは極めて明るい感じ。

タイミングを捉えましょう。

関係省庁の見通しを総合的にみても、施工管理者など建設現場で働くスタッフの不足は明らかです。

転職希望者にとっては、どの会社を選んでいつ転職するかという、こちら側のタイミング次第です。

焦る必要はまったくないので、好条件な転職先をじっくり比較検討し決めましょう。

・関連記事:転職市場、モテ期のエンジニア 事務系振るわず:日本経済新聞